ケアマネージャーの介護資格を取得しても、様々な働き方があります。在宅のケアマネージャーの仕事とは何でしょうか。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格を取得して、在宅のケアマネージャーになろう

介護資格を取るために
介護資格を取得して、将来はケアマネージャーになりたいと思う人も多いのではないでしょうか。ですが、ケアマネージャーとは、どのような働き方があるのかご存知ですか。ケアマネージャーには、大きく分けて、2つの働き方があります。その一つが、在宅のケアマネージャーです。在宅のケアマネージャーとは、自宅で暮らすお年寄りに、介護サービスを紹介して、実際にいつ、どういったサービスを受けるのかといった計画を立てるのが主な仕事になります。最近ですと、どの病院でも、入院できる日数が短くなっており、医療的なケアは必要が無くても、家族や介護サービスの力を借りなくては、生活できないといったお年寄りが沢山いるのです。

在宅のケアマネージャーは、そんなお年寄りやご家族に代わって、要介護認定の審査の手続きを行ったり、実際に介護認定を受けた後に、どういったサービスを受けるのかといった計画を立てたりします。自宅で、どうやったら介護をする事が出来るのかというのを、フルサポートするのが、在宅のケアマネージャーのお仕事になるのです。スケジュール調整や、お年寄りの相談なども一気に引き受けますので、なかなか大変ではありますが、とてもやりがいのあるお仕事ですよ。

ピックアップ