介護資格には、色々なものがありますが、中でもケアマネージャーとはどのような仕事をしているのでしょうか。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格を取得して、きちんとしたケアマネージャーになろう

介護資格を取るために
介護資格には、様々なものがあります。介護福祉士といったような、国家試験を受けなくてはいけないものから、民間の資格まで様々です。中でも、ケアマネージャーとは、一体どのようなお仕事なのでしょうか。ケアマネージャーは、簡単に言えば、お年寄りが安心して介護サービスを受ける為の、援助をしてあげるお仕事になります。ですので、きちんとしたケアプランを立てて、きちんとした介護サービスを受けることが出来るように、手配をしてあげるのがケアマネージャーのお仕事なのです。ですが、ケアプランを立てて、終わりという事はありません。当然ですが、実際に介護サービスが実施されれば、定期的に訪問をして、健康状態やサービス内容などのモニタリングをきちんと行います。

この、モニタリングの際には、実際に行われているサービスが、本当に利用者に合っているサービスなのかという事や利用者の状態に変化はないか、また、利用者やご家族はサービスに満足しているのかというのを、きちんと確認しなくてはいけません。その他にも、介護保険の給付請求や、各サービスとの連絡調整などもきちんと行う必要があります。ケアマネージャーは、縁の下の力持ちとして、お年寄りが安心して介護サービスを受けることが出来るように、しっかりと支えてあげなくてはいけないのです。

ピックアップ