介護資格の中でも、ケアマネージャーの資格は、定期的に更新手続きをしなくてはいけませんので、気をつけましょう。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

ケアマネージャーの介護資格は、更新があります

介護資格を取るために
介護資格と一言でもうしましても、介護職には様々な業種があります。中でも、ケアマネジャーになりたいのであれば、資格を取得するために、どのような試験を受けなくてはいけないのでしょうか。ケアマネージャーになるには、介護支援専門員実務研修受講試験を受けなくてはいけません。この試験に合格いたしますと、次に実務研修を受けます。この試験と研修を受けなくては、正式にケアマネージャーの資格を取得する事が出来ないのです。実務研修は前期と後期に分かれます。この研修を通して、ケアマネージャーとしての理念や実際の業務についての、詳しいレクチャーが行われますので、しっかりと勉強するようにしましょう。

また、ケアマネージャーは、一度合格をすれば、一生持ち続ける事が出来る資格という訳ではありません。何故かと申しますと、ケアマネージャーには、資格の更新手続きというものがあるからです。ですので、定期的に更新手続きを行いませんと、実際にケアマネージャーとして働くことが出来なくなってしまいますので、注意が必要です。5年ごとの更新で、また、更新の前年には、更新をする為の研修を受けなくてはいけませんので、忘れずに更新をするようにしましょう。ケアマネーシャーは、誰でも簡単になれるわけではありません。きちんと更新手続きを行いましょう。

ピックアップ