介護資格と一言で申しましても、色々な資格があります。では、ケアマネジャーになるにはどうすれば良いのでしょうか。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

ケアマネジャーの介護資格を取得するには

介護資格を取るために
介護資格と一言で言いましても、介護福祉士やケアマネージャーなど、様々な介護職の資格があります。その中でも、ケアマネーシャーはどのような資格になるのでしょうか。ケアマネージャーの資格を取得するためには、介護支援専門員実務研修受講試験と介護支援専門員実務研修の2つをクリアしなくてはいけません。最も重要になってくるのが、実務経験になります。特に、医療や福祉系の資格を何も持っていない場合ですと、介護業務経験を10年以上積まなくてはいけないのです。そして、福祉や保健、医療の資格を持っている人は、実務経験が5年以上必要になります。

受験資格を取得するために、事細かい条件がありますので、実際にケアマネジャーになりたいと思った時には、自分が持っている資格や、実務経験をきちんと照らし合わせてから受験手続に入るようにしましょう。介護支援専門員実務研修試験は、毎年1回だけ、10月に実施されます。ですので、自分の受験資格などをきちんと調べてから申込みをしなくては、間違えてしまいますと、また1年待たなくては生けなくなってしまうのです。試験は、マークシート方式になりますので、きちんと答えられるように、勉強をしておきましょう。