介護資格での介護福祉士の受験資格、サービス提供責任者などの管理業務を紹介させていただきます。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格での実務者研修取得の理由

介護資格を取るために
介護資格には多くの資格がありますが介護業務に携わっている人で介護福祉士の資格を考えられている人は多いと思います。介護福祉士の資格を取得する前に平成27年度の2016年1月の試験より実務経歴3年に加えて実務者研修を終了していることがプラスされますから2016年1月を含めた以降に介護福祉士を受験される場合には実務者研修を受講しないといけません。少し手間の掛かることになっていますが介護福祉士の専門性を向上させるためにも国が定めた対策なので将来を考えておきましょう。サービス提供責任者として働くことができるようになり福祉関連施設では非常に大事な人材となります。内容としましては簡単に説明するとケアマネと連携した介護プランを考えたり訪問介護や育成介護の管理業務などをする資格になります。

実務経験3年以上のホームヘルパー2級介護職員初任者研修の人もサービス提供責任者になることが可能ですが、その場合には2013年から介護報酬が10%減額されていることを考えるとやはり実務者研修を終了されている人のほうが有利になっているのは間違いないようです。また面倒な実務者研修が増えてしまいましたが介護福祉士の受験では大変厳しいですが介護業界全体が向上することが図られているので実務者研修は重要な制度だと言えます。