少子高齢化の現代社会に介護は必要になってきます。一生ものの介護資格とは、どんなものなのか考えたいと思います。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

一生ものと言っても過言でない介護資格

介護資格を取るために
少子高齢化が我が国の日本の現実です。子育て世代の負担が何かと叫ばれているので子供が増えない事も無理がないことだと思います。産み育てたくとも経済的に無理だという家庭が、どのくらいあるのかなと思わずには居られません。また、小さな子供と高齢者を支えなくてはならない家族の負担も大きいものだと思います。

そこで頼れる味方が介護資格を持つプロだと思います。まず始めに介護職員初任者という資格があります。旧ホームヘルパー2級の事です。そこから国家資格が必要な介護福祉士に実務経験を経てステップアップしていくのです。また、介護福祉士が実務経験3年なのに対してケアマネージャーは実務経験を5年積まなければなりません。介護の現場で様々な経験を積んでこそ、利用者様の気持ちになったお世話ができるからだと思います。

介護資格を持っていなくとも求人誌を見ると働きながら資格が取れる親切な施設もあります。社会人ならば是非とも利用料したいシステムです。また、福祉系の専門学校では卒業と同時に資格が取得できます。大いに学んで介護施設や訪問介護の現場で力を発揮して欲しいと思います。また、資格は仕事だけでなく、自分の私生活にも大いに役立つ貴重な物だと思います。祖父母や、両親に介護が必要になった時にも自分だけ頑張る介護ではなく、できないときは人に頼りながら、介護される側もする側も、がんばりすぎない、介護を選択できるのではと思います。