介護とは、障がい者の生活支援をしたり高齢者・病人の世話をすることです。介護になるには介護資格が必要となります。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格の種類と取得方法

介護資格を取るために
介護資格には色々な種類があります。まず1つ目は介護福祉士の資格です。これは自分の力で日常の生活をおくることが難しい高齢者の方などを補助する唯一の国家資格です。介護福祉士養成施設を卒業された方、或いは3年以上介護等の業務を従事した方が資格を取得できます。2つ目は福士住環境コーディネーターの資格です。これは高齢者や障がい者の方にバリアフリーなど優しい住まいの作り方をアドバイスする仕事です。1級、2級、3級があり、それらに合格した方が資格を取得できます。3つ目はケアマネージャーです。これは高齢者や障がい者の方からの相談に応じ、適切な介護プランを作成する仕事です。保健、医療、福祉に係る法定資格を保有している方が取得できる資格です。

この他にも、医療機関での食事の補助や入浴介助などをサポートする介護職員初任者研修、高齢者とのコミュニケーションを図り、悩みを聞いてあげたり癒しを与える高齢者コミュニケーター、介護事務所が各都道府県国保連合会に介護報酬を請求する為の様々な業務を中心に行う介護事務、高齢者の方や障がい者の方に対しておもてなしの心や介助知識を学び、サポートするサービス介助士準2級などの介護資格があります。これらの仕事は、特に受験資格は必要ないとされています。

ピックアップ