介護資格の中でも比較的取りやすい介護事務の資格は、メリットがある反面求人を探す上でデメリットもあります。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護事務は他の介護資格と併用する

介護資格を取るために
介護福祉士やホームヘルパーなどを中心とした介護資格は国家資格のものや仕事をする上で体力が必要な事がよく知られていますが、中でも介護事務の資格は取得するにあたってそれ程難易度も高くなく、介護点数計算やレセプト作成などのデスクワークが主な仕事内容なので体力に自信のない人でも安心して就ける職業ですよ。ライフスタイルに合わせて働く事が出来るというメリットもあります。

しかし、一方でデメリットもあります。それは、いざ仕事を探そうと思っても介護事務の仕事は多くの所で他の職種の人が兼任して仕事をしている事がよくあり、介護事務だけの求人情報が少ないという点です。その為、求人を探す際には介護事務の資格だけで仕事を探すより何か他の資格と組み合わせて存在感を出した方が有利かもしれません。wordやexcelなどのパソコンの基礎的なスキルや他の介護関係の資格も一緒に取っておくと仕事を探す上で有利なだけでなく、将来的に見ると仕事のキャリアアップにも繋がりますよ。

少子高齢化の現代、これからますます高齢者は増えていき介護関係の仕事は需要が広がりつつあります。病院や老人ホームを始め、働く場所も多々あり、これからの日本の社会を思うととてもお勧めな職業ではないでしょうか?

ピックアップ