福祉系の介護資格について、社会福祉士の資格概要や、仕事内容、試験概要などを交えながら説明いたします。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

福祉系の介護資格について

介護資格を取るために
福祉系の介護資格について、社会福祉士の資格概要や、仕事内容、試験概要などを交えながら説明いたします。社会福祉士とは社会福祉士法に基づいて公益社団法人社会福祉振興試験センターが行う試験に合格した者が与えられる国家資格であり、広く社会における介護が必要な方に向けて、福祉面の助言や指導、サービス提供者との連絡やサポートをする役目を担っています。仕事内容としては、心身に障害があったり、介護が必要な高齢者などが日常生活を送りやすくするための助言や相談に乗り、適切な環境を作るためのサポート役となっています。

勤務する場所としては、医療施設や身体障害者施設、生活保護施設や特別養護老人ホーム、社会福祉施設、在宅介護支援センターなど、多岐に渡ります。社会福祉自体が、高齢者や身体障害者を対象にしていますので、全国の関連施設での就職が可能になっており、福祉系の資格においては上位資格であるため、所有していると就職はしやすいというメリットがあります。試験の難易度は高く、合格率は30パーセントを切るくらいのレベルとなっており、社会福祉全般の専門知識をしっかりと付け、受験対策をすることが求められます。また今後の高齢化の進み具合によって、需要も継続することが予想されています。

ピックアップ