介護資格の中で最初に取得する資格と言えば、ホームヘルパーです。まずこの資格を取り、キャリアアップを目指します。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格と言えばホームヘルパー

介護資格を取るために
介護資格の中で最初に取得する資格と言えば、ホームヘルパーです。まずはこの資格を取り、キャリアアップを目指します。仕事内容は、介護を必要とする高齢者や障害者の家庭を訪問して、掃除だったり洗濯や買い物、調理と言った家事援助や、食事や排泄や入浴の介助などを行います。この業務を行う時は、ホームヘルパーが自分で考えてサービスを行うのではなく、介護支援専門員が作成した介護サービス計画に基づいて業務をしていきます。ヘルパーは不足していると言われていましたが、社会にとっては必要不可欠な仕事と言うこともあり、最近はヘルパーの希望者が増えています。

高齢化社会への進行は、最早歯止めがきかなくなっており、これからもどんどん高齢者の数は増えていくことが確実視されています。つまりヘルパーの需要は、今よりもさらに高まっていくわけであり、将来有望な職種と言えます。以前は、ホームヘルパー2級の資格は要請講座を受講するだけで取れたこともあり、とりあえず資格を取っておこうと言う人が多かったのですが、現在では終了試験があり、それに合格しないと資格を取得することができなくなりました。故に、ヘルパーの質は上昇すると考えられます。

ピックアップ