介護資格の代表とも言えるものが、ホームヘルパーです。高齢化は進行しており、ホームヘルパーの需要は高いです。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格の代表と言えば

介護資格を取るために
介護資格の代表とも言えるものが、ホームヘルパーです。高齢化は世界でもどんどん進行しており、特に先進国の中でも一番高齢化が進んでいるのが日本と言われています。そう言うこともあって、在宅介護を希望する高齢者も右肩上がりで増えています。要するにホームヘルパーはかなり需要が高いわけです。しかし、仕事は非常に大変なうえに、給料が低い傾向にあり、離職率も高いと言われていました。一時期は深刻な人手不足が問題視されていましたが、徐々に改善されており、世の中に必要な仕事であるため、ホームヘルパーの資格を取る人は増えてきています。

今まではホームヘルパー2級と言う資格があって、研修を受けるだけで資格を取ることができたのですが、現在では介護職員初任者研修と言うものに改正され、実習が無くなった代わりに終了試験を受けて合格しなければ、資格を取得することができなくなりました。簡単に言えば、資格取得が容易ではなくなったわけです。そう言うこともあってか、賃金も少しずつではありますが上昇しています。容易に資格が取れなくなったことで、介護の質が上がると言われており、これからの介護は今まで以上に充実したものになると思います。

ピックアップ