近年注目が集まっている介護資格、それにはどんな種類があるのか?どの位かかるのかまとめてみました。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

使える資格、介護資格を取ろう??

介護資格を取るために
介護業界も、資格制度が見直され資格取得に励む方が増えてきています。そんな中就職に有利で、将来性がある資格は「介護福祉士」「ケアマネージャー」「作業療法士」です。ケアマネージャーは通信講座でも取得出来るので、介護職の経験がある方はどんどんチャレンジされています。スキルアップを目指すならかなりオススメの資格です。給料も一般職より上がります。一方、介護福祉士と作業療法士は国家資格である為、介護福祉士は2年作業療法士は3年、専門学校に通って取得するのが一般的です。介護福祉士の方が費用も少なく短い時間で取得でき有効求人倍率も高めです。が作業療法士の方が社会的地位も高く、年収が多いというメリットは大きいでしょう。

次に働きながら介護資格の取得を目指したいのであれば、「介護職員初任者研修」と「介護福祉実務者研修」という資格があります。一般的に半年位かけて、通信と時々実務研修という形でとれます。なので、この二つは、病院や施設などで働きながら取る人が大半を占めています。年齢制限や学歴なども関係ないので、介護に興味がある方なら誰でも目指せます。今後需要は増える一方なので、この資格を取るのは賢い選択だと思います。

ピックアップ