介護資格の国家資格である介護福祉士は3つの方法で取得することができ、仕事にはコミュニケーション能力も必要です。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格の国家資格と仕事内容

介護資格を取るために
介護資格の国家資格が介護福祉士です。介護福祉士の資格を取得するには、3つの方法があります。まずは実務者研修と実務経験を3年以上つむことで受験することができます。次に福祉系の高校から受験するもの、最後に専門学校や短大、大学などの養成施設から介護福祉士試験を受けることです。実務経験からの受験合格率は2014年、64.6%でした。筆記試験と実技試験により、国家資格の中では難易度的に優しい方です。今後は介護福祉士の次に認定介護福祉士という資格が作られる予定です。

介護福祉士は訪問介護や老人ホームでの仕事になります。特にホームヘルパーは介護職員初任者研修か、介護福祉士実務研修、そして介護福祉士のいずれかの資格がないとできません。訪問介護では介護だけにとどまらず、料理や掃除もします。入浴や排せつなど身の回りの世話をして、できるだけ自立した生活を送れるようにします。知識やスキルの他に支援する相手はもちろん、その家族との関わりもあり、コミュニケーション能力や深い信頼関係を築けることが大切です。そのため福祉に対して情熱をもって仕事に向き合う人が多いのが特徴です。相手の立場に立って考える事、包容力や忍耐力も役立ちます。