介護資格は複数ありますが、特に就職に有利とされるのが介護福祉士です。学校や実務経験によって取得でます。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

就職に有利な介護資格

介護資格を取るために
介護資格にもたくさんの種類があります。その中でも就職に有利と言われる資格は主に介護職員初任者研修、介護福祉士、ケアマネージャー、理学療法士、作業療法士です。特に介護福祉士は国家資格で介護資格でも最も重要な位置づけです。訪問介護の仕事は初任者研修か実務者研修、介護福祉士の資格がないとできません。この資格がないとできない、という点で強みになります。難易度は初任者研修と実務者研修が優しく、確認テストのような筆記試験のみで初任者研修は大丈夫です。きちんと授業を受けていれば取ることができるでしょう。介護福祉士の合格率は50%から60%とと言われ、他の国家資格に比べると難易度は低めです。介護支援専門員になると介護福祉士が目指す上位資格ということで難易度は高くなります。

中学生や高校生なら介護や福祉系の高校や専門学校、大学などに進学して介護福祉士の国家資格を目指します。卒業と同時に介護福祉士の資格を取ることができます。社会人の場合は介護職員初任者研修の資格をとってから、働きながら実務者研修、介護福祉士へとステップアップを目指す人が多いです。介護福祉士になる方法の一つとして、実務研修と実務経験3年以上で受験することができるためです。