介護職員初任者研修は将来有望な介護資格です。介護の現場で即戦力となれる知識とスキルが身につきます。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格の介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護資格を取るために
介護資格は将来有望な資格です。これから介護施設が増えていくにつれて、介護職員の需要は高まっていきます。介護資格を持っていれば、将来仕事がなくて困ることもなくなります。介護資格にはいろいろな種類があります。有名なものでは介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)があります。介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)は、介護系の資格スクール、福祉関係のカレッジ、セミナーなどに1ヶ月ほど通って取得できる資格です。

研修の受講資格は特になく、介護業界に興味がある人や、介護に従事することを希望している人なら、誰でも受講できます。受講料は学校によって異なりますが、テキスト代込みで6万円〜8万円くらいのところが多いようです。また、「自宅学習」と「スクーリング」を組み合わせたコースだと、さらに受講料が安くなります。介護施設が全面的にバッグアップして運営している資格スクールで介護職員初任者研修を受講すれば、研修修了後は提携している介護施設へ就職できる場合もあります。まったく介護の知識やスキルがない素人でも、介護職員初任者研修を受講することで介護業務の基礎レベルの技量を身につけることができて、現場の即戦力になれます。

ピックアップ