介護職員初任者研修は介護に対する心構えや技術を習得したり、介護や福祉の理解度を深めることができる介護資格です。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護の心得が学べる介護資格

介護資格を取るために
介護職員初任者研修は、ホームヘルパーという職務につくにあたって最低限もっておくべき知識や技術、介護という仕事をする上での心得などを習得できる介護資格です。介護職員初任者研修は、通学や通信教育などで取得できます。実技スクーリングでは、ベッドメイキング、体位変換、車椅子や歩行の介護、衣服の着脱の介護、食事、排せつ、入浴の介護のしかたなどを、実際に車いすや介護用バスなどを使って行います。講師は現場で実際に働いている介護職員で、現場の生の声が聞けます。家族の心理の理解度、介護におけるコミュニケーションのとりかた、介護のプロセス、医療との提携、ホームヘルパーができる業務とできない業務など、専門的な知識を習得して即戦力となれる人材を目指します。

スクールの中には有料老人ホームを運営しているところもあり、研修の一環として無料でホームの見学や実習ができる場合もあります。また、資格取得だけではなく、その後の就職先についての相談にも応じてくれます。ホームヘルパーには、有料老人ホーム、デイサービス、訪問介護など、いろいろな職場や働き方があります。自分の好きな時間、好きなスタイルで働けるのがホームヘルパーの魅力です。

ピックアップ