ますます日本の人口の高齢化は進む中、即戦力として生かしやすい一つとしては介護資格は役立つと思います。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

高齢化社会に向けての介護資格取得

介護資格を取るために
ますます日本の高齢化社会は進んでいる昨今、介護について考えなければいけない場面が必ず出てくると思います。働き口としても介護の職場は人手が圧倒的に足りないそうです。それだけ、高齢化の波は思った以上に早いと言う事だと思います。今後、介護の道に進みたいとしても、自分の周りで介護が必要となった場合にでも、介護資格があると大変有利です。すぐに即戦力として役に立ちます。まず初めは、介護職員初任者研修課程(旧ホームヘルパー2級)を取得する事になります。こちらの資格は、求職中の方であれば、ハローワークなどで職業訓練などが実施されています。こちらを利用すると費用も比較的安く資格を取得出来ると思います。現在、就業中の方であれば、民間でも仕事終わりから通えるスクールや、通信教育もあるので、気持ちさえあれば、資格の取得は可能です。

そして、介護資格を取得し、就職した後でも、更にステップアップも望めます。3年以上介護等の仕事に従事した人であれば、国家資格の「介護福祉士」の受験資格が得られます。これは国家資格となるので、一生物の資格として役に立つと思います。そして、さらにステップアップを望むことも可能です。介護支援専門員、いわゆるケアマネージャーの資格を取る事も出来ます。介護者の相談を受け、介護のケアプランを作成し、ヘルパーさんや介護福祉士などへ、そのプランでサービスをお願いする形で調整をする縁の下の力持ち的な立場の仕事になります。誰かの役に立てているやりがいも更に感じられると思います。

ピックアップ