介護資格のスペシャリストと言われる介護福祉士取得の道には2つの方法があり、国家試験を経て取得できます。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格を取得するための2つのルート

介護資格を取るために
介護士の中でもスペシャリストと呼ばれているのが介護福祉士で、この資格は国家資格で大変難しい試験に合格した人のみが取得できるものです。介護福祉士の介護資格を取得するには2つのルートがあり、実務経験を積む方法と養成施設に入り取得する方法があり、実務経験を積むルートは福祉介護施設で3年以上の実務経験を積めば国家試験を受験することが出来ます。養成施設でのルートは福祉系高校を卒業し、国家試験もしくは、介護福祉系の大学・短大・専門学校などを卒業するという方法があります。

介護職の仕事は、ベッド介助、歩行・車椅子の介助、食事介助、入浴介助など人によって度合いは違いますが、日常生活が円滑にできるように手助けしていきます。全てをやってあげるというのではなく、できることは自分でやってもらうという事が大切で、これがクオリティライフにつながると考えてもはずです。働いている人の年齢はほとんどの場合、利用者の孫の様な世代ですので、おばあさんと話すようにコミュニケーションを取っていけば、利用者も楽しく生活できるでしょうし、介護者も楽しく働くことができるようになるはずです。この様に介護職には苦労もありますが、それ以上に喜びもあるのです。

ピックアップ