特別養護老人ホームで必要な介護資格のひとつ、介護福祉士を取得するのは容易ではありませんが、やりがいがあります。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護福祉士はスペシャリストの介護資格

介護資格を取るために
特別養護老人ホームなど介護が必要な方など、自立した生活を営む事が困難な人に食事の提供や入浴の介助をするのが介護師の仕事で、誰かの助けがなければならない人を助け無ければなりませんので大変責任のある職業と言えます。最近では徐々に注目が集まっている職業ですが現在でもその数は圧倒的に足りず、常に人手不足の状態が続いています。人に接するのが好き、誰かの役に立ちたいとかんがえる人には最適な職と言えるのですが、大変な仕事ですので離職率も多いのですが、きちんとその仕事を理解し、行動すれば喜びも大きい仕事とも言えます。

特別養護老人ホームには総合福祉施設があり、在宅介護支援センター・介護職員・ケアマネージャー・生活相談員・理学療法士・看護師・管理栄養士等様々な資格を持っている人が働いていますが、中でも介護福祉士は、専門知識、記述で身体上、精神上の障害があることで日常生活を営む事に不安がある人につき心神の状況に応じた介護を行い、対象の人や介護者に介護の指導を行うことが出来る介護のスペシャリストと言って良いでしょう。これは国家試験を受けないといけない介護資格で簡単に取得することが出来るものではありませんが、介護の専門知識を身につけるには必須の介護資格と言えます。