介護福祉士という介護資格は、高齢化社会で活躍できる場がたくさんあります。社会に役立つ実感とやりがいがあります。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護福祉士はこれからの社会に求められる介護資格です。

介護資格を取るために
介護資格と言えば、介護福祉士を思い浮かべる人も多いでしょう。国家資格になっており、資格を取ることで、それを活用し長期的に働く事ができます。年齢制限などの規制もありませんので、働きながら資格を勉強する人も多いです。資格を取るということは、やはり自身に有効です。女性であれば、結婚や出産育児が落ち着いた頃の再就職にも強いです。特に、介護福祉士は、働ける職場がとても多いです。その上、慢性的に人材不足がうたわれているので、就職がしやすいというメリットがあります。

人材不足の背景に、高齢化社会があります。一言に介護と言っても、簡単なことではありません。日本人の寿命は延び、介護している人が老人であるというケースも珍しくありません。また、肉体労働なので家族間だけでは限界がでてきます。介護は医療と同じ、専門分野であると考えます。本来ならきちんとした知識を持った資格保有者の介護が必要になります。ただ、重労働な上に低賃金と言われていますので、今後、介護問題に力を入れ、待遇を改善することが検討されています。

しかし、社会、人に役立つ仕事であり、やりがいを大きく実感できる職業です。また、関連する資格が多くあるので、それらの資格も合わせて取ることができれば、更に活躍の場が広がることでしょう。