介護資格の代表格である介護福祉士の仕事内容は整容や着替えのサポート、食事の介助と口腔ケアなどいろいろあります。

介護資格を取るために
介護資格を取るために

介護資格の代表格である介護福祉士の仕事内容

介護資格を取るために
介護資格の代表格である介護福祉士の仕事は以下のような事です。1.整容や着替えのサポート歯磨き、洗顔、整髪、髭剃り、耳かき、つめ切りなどを行います。1日の始まりとしてリズムを作る起床後の整容や着替えのサポートをします。自力でできる事はなるべくやって貰うようにしながらサポートします。

2.食事の介助と口腔ケア朝昼晩の食事が美味しくしっかり安心して取れるようにお手伝いします。声掛けサポートや食物が気管に入ってしまうのを防ぐ処置をします。また食後には口腔に詰まり物がないかなど口内清掃をします。3.レクリエーション個人個人できることに差があるのでその人に合った運動や遊戯を一緒に行い身体機能の増加やコミュニケーション向上を図ります。そして生き甲斐を持って貰うようにお手伝いします。4.移動介護ベットから起き上がったり、車椅子に腰掛けたり移動したり日常生活で欠かせない介助です。ヤル気や身体能力の低下を抑えるため最小限度の介助を心掛けます。5.入浴介助入浴の見守りや滑らないための補助、身体を洗ったり洗髪したりを安全にできるようにサポートします。6.排泄補助トイレ使用の補助やポータブルトイレの使用、おむつ交換などを行い、自立に向けた支援をします。

ピックアップ